空室対策

アパート、マンション、オフィスビル等、空室対策でお困りのオーナー様へお届けします。

アパート、マンション、オフィスビル等、空室対策でお困りのオーナー様へお届けします。

助成金・補助金

空室対策 助成金

賃貸住宅の空室へのリフォームに対する補助金事業として「民間住宅活用型セーフティネット整備推進事業」と言うものがあります。

予算額は100億円。
国土交通省の目的としては、現在ある民間賃貸住宅の品質を向上させると同時に、空室を有効的に活用することで、住宅確保要配慮者の住宅の安定を確保することと、災害時等には民間住宅をより機動的に公的利用することが挙げられます。

空室のリフォームに補助金を出す代わりに、高齢者等の世帯を入居受け入れをすることなどが条件で、バリアフリー化・耐震化などの改修工事にかかる費用の3分の1(一戸当たり最大100万円まで)を補助してくれる制度です。

空室対策 補助金

空室のある住宅を改修する際に、国から補助金がもらえる制度をご存知ですか。

「民間住宅活用型住宅セーフネット整備推進事業」と言います。これを受けるにはいくつかの条件があります。
床面積が25㎡以上であることと3か月以上空室があることなどが条件となっています。しかも国の補助金をうけて改修した後は、入居者を拒むことが出来なくなります。

対象となる工事も空室部分又は共有部分において「耐震改修工事」「バリアフリー改修工事」「省エネ継―改修工事」などを含みます。空室に悩む大家さんで改修工事の資金が足りない等いう方は考慮に入れても良いのではないでしょうか。